チャーハン と海老チャーハンは別物?

K七です。チャーハン、炒飯もいいけど海老チャーハン、海老炒飯がいい!

【なぜ、働くのか 田坂広志】人生で答えのない問いを問い続ける

読書感想 第77冊

 

なぜ、働くのか

  

田坂広志人間塾

 

生死を見据えた『仕事の思想』

 

田坂広志

 

PHP出版社

 

 

 

洗たくマグちゃん』を紹介したので、

読んでいない方はご覧ください。

洗剤、漂白剤を使わないので経済的です。

身体にも環境にもやさしいので

使ってみてください。  

www.knana.tokyo

 

 

 

田坂広志??

 

多摩大学大学院教授です。

原子力、起業に詳しいそうです。

グロービズの講演動画がyoutubeにあります。

参考に貼りましたのでご覧ください。  www.knana.tokyo

 

仕事の思想

 

この本は「仕事の思想」について書いたものです。

「思想」…現実に流されないための錨

これを追求します。

 

 

「思想」を身に着けただけでは足りず

「覚悟」も大学までに身に着けないといけないのです。

 

 

自分の行っている仕事の「三つの原点」を見つめなおすこと。

①「死生観」とは「生死」という深みにおいて観る事

②「世界観」とは「世界」という広さにおいて観る事

③「歴史観」とは「歴史」という流れにおいて観る事

 

 

「死生観」

 

過去に優れた仕事を成し遂げてきた経営者は、

「生死」の深みを見つめる体験をしています。

 

 

経営者として大成するためには、

「三つの体験」を持っていなければならない。

「投獄」「戦争」「大病」のいずれかの体験を持っていなければならないのです。

生きる死ぬの極限の体験を通じて

決して揺らぐことのない「覚悟」と「思想」を身につけなければならないのです。

 

 

使命とは、命を何に使うかです。

 

www.knana.tokyo

 

「世界観」

 

グローバリゼーションや国際化ではなく、

『世界がもし100人の村だったら』に書かれるような

世界の人類が、いかなる状況にあるかを知る、という事です。

 

 

 我々は「エリート」である。

①半生記以上も戦争のない平和な国に生まれ、

②世界でも有数の経済的に豊かな国に生まれ、

③大学などの高度な教育を受けることができ、

④自分の力が生かせる職場で働くことができ、

⑤生活するのに十分な給料を得ることができ、

⑥五体が満足で、心身ともに健康が与えられ、

⑦互いに支えあえる友人や仲間や家族がいる。

が「エリート」で、

こうした境遇を与えられた人間は、ごくかぎられた少数だからです。

 

 

「エリート」は恵まれた人間で、

ほんのわずかな「想像力」で理解できるからです。

 

 

今の日本の人は、

世界という広がりにおいて観るならば、

ひどい境遇ではない、

そのことに気がつくか否か、が我々に問われています。

 

 

エリートには使命がある。

ノブレス・オブリージェ(高貴な人間が持つ義務)

今は、「使命感を持って生きる人間の高貴さ」と置き換えられます。

 


田坂広志が説く!リーダーが持つべき「死生観」「覚悟」とは?

 

 

「歴史観」

 

人類の歴史を学ぶだけでは見えてこない。

人間の意味を問う事が必要で、

それは「宇宙の歴史」に目に向ける事です。

宇宙に対する問いを、その深みにおいて問う事、

これが人間の意味を深く考える事なのです。

 

 

最先端の文化の段階を歩んでいる人々には大切な使命があります。

それが、

人類全体の可能性を切り拓く、

です。

 

www.knana.tokyo

 

なぜ、我々は働くのか

 

この問いは生涯の問いです。

生涯をかけて、その答えを求めていくものです。

この生涯の問いから、

深い「思想」が生まれ、

それが現実に流されぬための「錨」になります。

 

 

答えのない問いを、問い続ける力。

それが真の知性で、

命尽きるその瞬間まで、答えのない問いを、問い続けたか。

生を終えるとき、我々に、そのことが問われるのです。

 

 

K七のまとめ

 

この本はシリーズの序章にすぎません。

興味のある方は続きも読んでみてください。

 

 

サラリーマンの仕事の価値は、

その人物が、何を見つめているか、

その仕事の彼方に、何を見つめているか、

です。

 

 

なぜ、働くのか: 生死を見据えた『仕事の思想』

 

なぜ、働くのか: 生死を見据えた『仕事の思想』

なぜ、働くのか: 生死を見据えた『仕事の思想』

 

 

このブログは「はてなブログ」で運営しています。

はてなブログの方は、読者登録お願いします(^-^)

 

 

ここまでご覧いただきありがとうございます。

はてなブックマークをぽちぽちしてもらえると嬉しいです!