K七です。

K七が読書感想、食べ歩き、生活改善を記します

【デンマルク国の話 内村鑑三】は真面目に生きることの大切さを伝える古典かなぁ

f:id:knana19:20190703060451j:plain


読書感想 第61冊

後世への最大遺物

デンマルク国の話

 

内村鑑三

 

岩波書店

 

 

 

今日はスロージョグをしました。

東京はしとしと雨。

こういう雨が梅雨らしいと思うんです。

傘をさして走りました。

 

 

 

 

 

 内村鑑三??

 

1861-1930

思想家・文学者です。

ほかに英語で書かれた『代表的日本人』があります。

これも古典の名著です。

 

 

 

1911年の講演です。

内村鑑三自ら文字におこした作品です。

 

 

 

デンマーク復活の話です

 

 

プロイセンとのシュレスウィヒ=ホルスタイン戦争

(1848-1852と1863-1864)

で疲弊したデンマーク。

 

その厳しいデンマークで

ダルガスという人がユトランド半島に

困難であった植林を進めて

国を再び豊かにした。

 

 

 

後世への最大遺物も講演です

 

1894年の講演を文字におこしたものです。

こちらは速記されたものに内村が訂正をしたものです。

 

 

 

何人にもこの世に遺すことのできるものはなにか。

金、事業、思想を残せる人もいるが、

遺せない人もいる。

 

誰でも残せる最大遺物は、

勇ましい高尚なる生涯だ。

己の信ずるところを、信念を持って生きなさい。

ってことです。

 

 

 

星野リゾートの星野佳路社長もこの本を進めています。

かなりキリスト教色が強いことも

頭に入れて読むと理解が進むはずです。

 

 

www.knana.tokyo

 

ご覧いただきありがとうございます。

はてなブックマークをポチポチっとしてください!

 

 

 

 

のブログは「はてなブログ」で運営しています。

はてなブログの方は、読者登録お願いします(^-^) 

 

 広告

後世への最大遺物・デンマルク国の話 (岩波文庫)

後世への最大遺物・デンマルク国の話 (岩波文庫)

 

 

 広告