チャーハン と海老チャーハンは別物?

K七です。チャーハン、炒飯もいいけど海老チャーハン、海老炒飯がいい!

【「自分ごと」だと人は育つ 博報堂大学】読書 第33冊

「自分ごと」だと人は育つ          

博報堂で実践している新入社員OJT      

1年間でトレーナーが考えること

             

博報堂大学        

             

日本経済新聞出版社       

   

 

 

今日も会社用の読書です。

感想というよりサマリーです。

 

この本は新人研修と初年度OJTの手法についてです。

たいへん実践的です。

 

 

 

「自分ごと」とは、       

いま持つ知見を総動員し自分の考えで乗り切る     

             

・OJT期間     

46月 新人研修          

6月 配属         

6月〜3月 OJT期間  

              6月〜10月 前期OJT

              11月〜3月 後期OJT

             

・新人向け研修プログラム          

11月 新任業務レビュー研修     

3月 フォローアップ研修           

3月 研修プログラム     

「これまでの期間の振り返り」   

「この先の展望」           

2年目以降の新たな役割」       

             

・育成体制        

2人体制

OJTトレーナー           

              育成の責任者

              育成ストーリーを考える

              入社8年目以上の社員

JOBトレーナー           

              日々直接的に指導し新人の身近な相談役

              入社36年目社員が中心

             

・OJTトレーナー向けプログラム          

6月、11月、3月 OJTトレーナーズミーティング        

各時期に合った内容を伝えること

トレーナー間相互の育成に関する意見交換

             

希望者には、OJTトレーナーズコンサルティング            

講師からトレーナーに対する実践に向けた個別アドバイス 

トレーナー間相互の意見交換の場

 

・OJT育成指導ツール

「OJTワークブック」

              1年間のOJTに関してのテキスト

「育成プランニングシート」の作成          

              OJTの育成計画書

              6月、11月、3

              新人、トレーナー、マネージャー間で育成計画を立てる

              振り返り、次への展望を考えて作成

「OJT TEAM DIARY」          

              交換日誌

              68月任意の2週間

              新人とトレーナーとの日々の振り返り

 

 

 

非常に良い本です。

この本はテキストというよりバイブルです。

教育担当者は読むべき一冊でしょう。

 

 

ご覧いただきありがとうございます。