K七です。

K七が読書感想、食べ歩き、生活改善を記します

【天災から日本史を読みなおす 磯田道史】読書感想 第42冊

天災から日本史を読みなおす

 

先人に学ぶ防災

 

磯田道史

 

中央公論新社

 

 

 

テレビの露出が高くなっている磯田道史の本を読んでみました。

怖い本ですけど、勉強になります。

ぜひ読んでもらいたいです。

 

 

 

 

 

磯田道史??

 

歴史学者、歴史の先生ですね。

映画にもなった「武士の家計簿」を書いています。

 

 

 

秀吉の人生は地震で変わった

 

この本では

1586天正地震

1596伏見地震

では戦国時代末期の歴史が変わったことを書いています。

歴史の教科書ではほとんど触れていない事実です。

 

 

 

南海トラフに対する備え

 

1707宝永地震と宝永津波と富士山噴火

では南海トラフについて言及しています。

磯田道史は来るべき南海トラフを調べるため

浜松に移り住んでいます。

 

 

 

大阪は

1707宝永津波

1854安政南海地震

2度の津波に襲われています。

磯田道史は5~6mの津波に警戒して

津波到着までに水門を閉めたり、

高所に避難しなくてはならない、としています。

 

 

knana19.hatenablog.com

 

 

 

 

土砂崩れと高潮の

日本で頻繁に起こる災害についても

陰陽師である安倍晴明の晴明塚を取り上げて

古文書から対策を述べています。

 

 

 

1828シーボルト台風

1793寛政地震

1830文政京都地震

1854伊賀上野地震

など数多くの災害に触れています。

 

 

 

津波の悲惨さと歴史的証言

 

とくにリアルなのは

1946昭和南地震

磯田道史の母は徳島の出で2歳のときに

この津波に襲われました。

母は助かりますが、亡くなった方が大勢いるそうです。

 

俳優の森繁久彌もこの津波の被害に遭い、

貴重な証言と教訓を残しました。

 

 

東日本大震災にも触れています。

ビスマルク

「賢者は歴史に学ぶ」

なわけです。

ぜひお読みになってください。

 

 

 

 

丁寧に書かれた良書です

 

非常にやさしい言葉でわかりやすく、

時に話ことばを用いながらリアルに書いています。

たいへん素晴らしい本でした。

みなさんにお勧めします。

 

 

 

ご覧いただきありがとうございます。