K七です。

K七が読書感想、食べ歩き、生活改善を記します

なぜローカル経済から日本は甦るのか 冨山和彦【読書 第19冊】

なぜローカル経済から日本は甦るのか

GとLの経済成長戦略

 

冨山和彦

 

PHP研究所

 

 

 

安倍政治の実績の一つに

雇用実績があります。

安倍政治の成果なのかどうか、

この本を読めばわかります。

 

 

 

 

 

 

第1次、第2次安倍政権下の人口と雇用

 

第1次安倍政権のときは

まだ、雇用過剰の時代。

だから彼は失敗して逃亡した。

 

 

 

その後、団塊世代が高齢者となり、

生産労働人口、生産年齢人口は減少しています。

1992年がピーク。

8000万人を下回り、1982年水準になっているそうです。

ですから慢性的、構造的に雇用が生まれるわけです。

第2次安倍政権の政策に多少に関わらず、雇用は上向くわけです。

 

 

 

GグローバルとLローカルの経済圏

 

この本では、Gグローバル、Lローカルの経済は別物で、

グローバルからローカルにトリクルダウンすることはない。

ローカル経済では、労働生産性を高めないといけない。

外国人労働者は、高度人材から入れるべきだ。

となりますが、現実にはどうなのかなあ、と思います。

 

 

 

この本は現実を知るために役立つデータが多いです

 

I橋代表、T橋さんは、たしかもう読んだんですよね。

 

 

 

ご覧いただきありがとうございます。