K七です。

チャーハン、炒飯もいいけど海老チャーハン、海老炒飯がいい!

【「アベノミクス亡国論」のウソ 上念司】読書 第10冊

「アベノミクス亡国論」のウソ

投資シミュレーションで読み解く「復活」の根拠

 

上念司

 

イースト・プレス

 

 

 

テレビとかラジオとかいろいろ出てらっしゃるそうで、

T橋さんが上念司の意見はいい、って言ってたので読みました。

2013年なので古い本です。

 

 

 

 

 

 

上念司とは?

 

勝間和代の最強ブレーン、と帯に書いてありますね。

2007年に勝間和代と株式会社を設立しています。

日本長期信用銀行、臨海セミナーを経て独立、です。

長銀は1998年に破綻。

国有化後、今は新生銀行になっています。

 

 

 

世の中のトンデモ論を批判していく本

 

結構大胆な本です。

まず、野口悠紀雄氏、藤巻健史氏、池上彰氏、あとは日経などメディアを相手にかみつきます。

国家破産論を叩いていきます。

そして次の章でハイパーインフレを叩きます。

 

 

 

さらに国家破産したとしての話が続きます。

保険をかける、レバレッジをかける、国債を売る、円を売る、資産逃避する、お金を捨てると続く。そういうことをすると損をしますと。

で最後に、アベノミクスは究極の政策だ、となるわけです。

 

 

 

こういう本は旬があるのかもしれません

 

これは違うだろうという話を本の9割書いています。

ちょっとしつこくて飽きます。

 

 

 

2013年は日経平均が9000台から16000台まで跳ね上がった年ですから、

この本の通りだ、となりそうです。

ただ思惑とは違い、2017年から2019年2月までは20000台で停滞しています。

今後、この本のようになっていくのでしょうか?

 

 

 

ご拝読ありがとうございます。